現役留学生nanakoが留学・英語学習に役立つ情報を発信中!ごゆっくりしていってください♪

【今日のタメ口英語】おすすめの英会話の本!評判・口コミあり

悩んでいる人のイラスト
悩んでいる人
・おすすめの英語の本が知りたい
・現地で使えるリアルな英語が知りたい
・英会話を楽しく学びたい

 

本記事では、こんな疑問や悩みを解決します。

 

自分のイラスト
nanako
こんにちは、nanakoです!今回は、私のおすすめの本を紹介するよ!

 

ずばり、私が一押しする本は、『今日のタメ口英語』です。

 

この本では、ネイティブスピーカーがリアルに話すタメ口英語を面白く学ぶことができます。

「こんな時なんて言えば良いんだろう?」「言いたいことはあるのに、英語で表現できない!」というモヤモヤした気持ちを解消することが可能に。

 

本記事では、写真を使いながらこの本の使い方や内容を詳しく紹介します。

『今日のタメ口英語』で英語を学べば、あなたの日常英会話はよりバラエティに富んだものになります。

スポンサーリンク

今日のタメ口英語

『今日のタメ口英語』という本

『今日のタメ口英語』は、Twitterで31万人(2020年3月現在)のフォロワー数を誇る「kazuma」さんが出版した、待望の1冊です。

10代のときに単身アメリカへ。現地の友人と過ごす中で、「学校で習う英語では自然な会話はできない」と悟る。その後もブルックリンなどへ渡米を繰り返し、現地で交わされる自然な会話表現を集めていく。2013年からTwitter『タメ口英語』(@e_kazuma)を始め、フォロワー数31万人を越える。

 

『タメ口英語』の内容は、kazumaさんがTwitterでこのように普段発信している「タメ口英語」を厳選して、1冊の本にまとめたもの。

 

Twitterで、「いつもためになる!」「本当によく使える表現ばかり!」と絶賛され、フォロワーの熱い後押しの末に出版の話が進んだとか。

私自身も出版化を待ち望んでいたのでとても嬉しいです^^

本の特徴

「今日のタメ口英語」の特徴は、以下の通り。

・日常生活でちょっとした時に使える英語表現が盛りだくさん

・テストしながら読み進めることも可能

・会話するうえで必要な英文法の解説も載っている

 

✔ 日常生活でちょっとした時に使える英語表現が盛りだくさん

本の中身はタイトル通り、日常で使えるちょっとした英語のフレーズや、「こんな時なんて言えば良いんだろう…」という時に使えるようなちょうどいいフレーズがたくさん載っています。

例えば…

・「今何してんの?」
→‟What are you up to?”
・「寝たり起きたりしてた。」
→‟I slept on and off.”
・「そのワンピめちゃ似合う。」
→‟You rock that dress.”
・「んなわけない。」
→‟Far from it.”
(本書より抜粋)

このような、日常生活でぱっと言えたら良いのに!というようなフレーズが盛りだくさん。
この他にも、あいづちや自己紹介、擬音語、味・食感の表現の仕方など、表現の幅がグンと広がるような英語表現が載っています。

 

✔ テストしながら読み進めることも可能

気になる中身は、こんな感じです。

『今日のタメ口英語』の中身

こちらの画像では見開きページで英語訳の答えが見られるようになっていますが、実際は右ページに日本語、1枚めくった左のページに英語訳という形になっています。

そのため、日本語を見たときに英語訳がスッと言えるかをテストしながら読み進めることが可能。とても効率良く勉強を進めることができます。

 

✔ 会話するうえで必要な英文法の解説も載っている

また、この本では、日常会話をするうえで必要になってくる英文法もばっちり学ぶことができます。

例えば…

・「aとtheの見分け方」

・「未来のことについて話すときに知っておくべきこと」

・「betweenとamong」の使い分け

(本書より抜粋)

などなど。かなり分かりやすく書かれています。

この英文法解説のおかげで、覚えたフレーズを応用的に使うことが可能に。

 

喜んでいるイラスト
nanako
この本さえあれば、留学先の友達と楽しく英会話ができそう。便利なので、私は留学先にも持って行くつもりです!

 

この本の私が好きなポイント

個人的なこの本のお気に入りポイントは、

・表紙がめちゃくちゃオシャレ

・無料ダウンロードで音声が聞ける

・サイズが小さめで軽く、持ち運びに便利

・堅苦しくなくラフで面白い

こんな感じです。

 

✔ 表紙がめちゃくちゃオシャレ

『今日のタメ口英語』の表紙

まず、表紙がとにかくオシャレ。本の表紙がこうもオシャレだと、ついつい手に取って中を開きたくなるんですよね。テンションも上がります。

だから、暇さえあれば開いて読んでます。笑

 

✔ 無料ダウンロードで音声が聞ける

『今日のタメ口英語』では、無料ダウンロードで日本語と英語の音声を聞くことができます。

 

本書にもありますが、英語と日本語の両方とも「タメ口」で話すときのトーンが再現されているので、かなりリアルな発音を学ぶことができます。

なので、リスニングの練習にも、発音の練習にも最適

読むだけでなく、シャドーイングで学習することも可能なのが魅力的ですね。

 

笑っているイラスト
nanako
ちなみに音声は女の子で、良い声です!笑

 

✔ サイズが小さめで軽く、持ち運びに便利

本の大きさの比較

サイズ感をご理解いただくためにシャーペンと消しゴムを置いてみました。伝わりますか?笑

 

こういう英語の本って、持ち運びたいのに大きかったり重かったりすることが多いと思うんです。

でも、『今日のタメ口英語』は小さめなサイズで、とても軽いです。なので、ちょっとした時に読みたいときにすぐ取り出して読むことができます。

かさばらないので、1冊持っているとかなり便利ですよ^^

 

✔ 堅苦しくなくラフで面白い

Twitterでの発信が出版化に繋がったということもあり、本の中身はTwitterの手軽さをそのまま反映させたようにラフで、親しみやすさもあり、非常に読みやすいです。

例えば、最後の『英語に敬語ってあるの?』というトピックでは、その解説の後に「この本で紹介している口調でヴォルデモート卿に話しかけたら殺されますからね。」とさらっと書かれてます。

この言葉でこの本が締めくくられているんです。笑

 

こんな感じで、この本は『今日のタメ口英語』というタイトルらしく、まるで友達と話しているかのような親しみを感じながら、英語を学ぶことができます。

 

英語の本って開くまでのハードルが高いというか、結構気持ちを固めないと開けないじゃないですか?(私だけ?)

ですが、この本はなんせ面白いのでそんなハードルは元から無いんです。

 

「勉強する」というよりかは、「面白いから読む」という感覚

『今日のタメ口英語』なら、「楽しいからやってただけなのにいつの間にか身についてた」という魔法が叶ってしまうんです。

 

今日のタメ口英語の口コミ・評判

『今日のタメ口英語』の見開きページ

この本の口コミや評判を紹介しますね。

悪い口コミと良い口コミに分けて、紹介します。

悪い口コミ・評判

・本の中の紙質が少し安っぽい感じがする

・無料ダウンロード音源がスマホで聞けない

・めくらないと英語が分からないため面倒

悪い評価はあまりなく、そのほとんどがこうした声でした。

 

中の紙質は確かに良いものを使っていませんが、これで軽量化に成功しています。

また、ダウンロード音源はスマホで聞けるに越したことは無いですが、無料ですのでこの値段でそこまで求めるのは酷なのでは、と個人的には思います。

3つ目については、メリットと取る声も多いので次に紹介していきます。

 

良い口コミ・評判

こちらはTwitterで拾うことができたので、載せていきますね。

・読みやすく、楽しく英語を学べる

・スピーキングで必要な文法がピンポイントで解説されている

・邪魔になりかねないCDではなく無料ダウンロードがあり、シャドーイングにも最適

・わざわざ赤シートで英語を隠す必要がないため、簡単にテストができる

このような声が多かったです。

 

この他にも、「下手な参考書より安い」、「ポケットサイズで常に持ち歩ける」という声もありました。

先ほど悪い評判として挙げた「英語訳がめくったページにある」という点は、赤シートが不要ということや、本が小さいサイズでめくりやすいため問題ない、という肯定的な意見が多かったです。

私自身も、実用的なのでこれは長所だと考えています。

 

今日のタメ口英語:まとめ

『今日のタメ口英語』の裏表紙

『今日のタメ口英語』は、楽しく日常生活で使う英語を学ぶことができる良本です。

 

教科書には載っていない実用的な英語を学びたいなら、この1冊さえ持っていればOK。かなりコスパも良いですしね。

私は留学を決意する前から持っていましたが、とても楽しめました。

これから英語の勉強を始めるという方でも、この本から始めてみると楽しく英語学習をスタートさせることができますよ^^

 

喜んでいるイラスト
nanako
こちらでタメ口英語をマスターできれば、外国の友達とストレスなくおしゃべりできると思うと楽しみで仕方ないですね!

 

おすすめの英会話の本『今日のタメ口英語』
nanakoのSNSをチェックしよう!
スポンサーリンク
>